太らないお酒

太らないお酒

食事の時に何らかの酒を飲まれる方は多いと思いますが、今太らない酒として注目を集めている酒があることをご存知でしょうか。

日本肥満学会は、赤ワインに肥満抑制に関係する働きがあると発表しました。
赤ワインには、ポリフェノールが多く含まれていて、動物性脂肪の吸収を防ぐことができると言われています。
食事中に飲むのに適しているということですよね。
ほどほどであれば、太らない酒と言えそうです。

これに対し、白ワインはカリウムが多く含まれていて、体内の余分な塩分を排泄してくれる効果があります。
余分な塩分の排泄も、太らないためには必須条件となりますよね。
また、カリウムの利尿作用で新陳代謝も活発になるそうです。
これも太らない酒としておすすめできるのではないでしょうか。

また、シャンパン、スパークリングワインも太らない酒として人気が高まっているそうです。
炭酸が含まれているため、満腹効果で飲みすぎや食べすぎを防いでくれるようです。
炭酸ガスには疲労回復や血行促進の効果もあるそうですので、これも太らない酒と言われる理由の一つのようです。

太らない酒の飲み方

太らない酒の飲み方を理解していれば、ダイエットにも効果的です。

日本酒を飲む時は冷やより熱燗で飲むようにしましょう。
体温上昇とともにエネルギー代謝が高くなります。
冷やに比べ酔いも早く回るため、アルコール量も抑えることができます。

どうしても冷やで飲みたい時には、温かいお茶などを一緒に飲んで体を冷やさないようにしてください。

太らない酒の飲み方としては、甘いカクテルより焼酎などの蒸留酒を選ぶことです。
カロリーも抑えられますので、おすすめです。
カクテルは口当たりも良く、どんどん飲んでしまいますし、糖分を摂りすぎることがあるため、注意が必要です。
また、フルーツ系の酎ハイも添加の糖分で、けっこうな高カロリーにんなりますので、飲む量に注意してください。

中華を食べる時には、紹興酒が太らないための酒としておすすめです。
体を温める作用があり、アミノ酸も豊富に含まれています。
動物性脂肪を分解する酵素も入っていますので、高カロリーの中華料理を食べる時にはピッタリですよね。

外での食事の際には、太らないための酒の飲み方に特に注意してみてください。