太らない食べ物

太らない食べ物

太らない食べ物が分かっていれば、ダイエットを実行する上での助けになると思います。

太らない食べ物とは、どんな食べ物になるのでしょうか。
まず、考えられるのは基礎代謝を上げてくれるものです。
代謝を上げるためには、内臓、血管などの働きをスムーズにする必要があり、その助けとなる食品が太らない食べ物の一つと言えます。

日本では昔から食べられているご飯は、代謝を上げるために効果的です。
ご飯に含まれる糖質は、優先的にエネルギーに変換されるため、太らない食品として、ダイエットメニューに是非組み込んでほしい食品の一つです。

脂肪を燃焼しやすくしてくれる食べ物も、太らない食べ物と言えると思います。
えごまオイルにはαリノレン酸が多く含まれていて、これが脂肪分を体内に蓄積しないで燃焼するよう働きかけてくれます。
また、αリノレン酸は太らない、というだけでなく美肌をつくるためにも重要な働きをしてくれます。
えごまオイルを一日にティースプーン2、3杯飲むといいそうです。

太らない朝食

最近では、朝食はとらないという方も増えているようですが、朝食をとる方は肥満になる確率が低いことをご存知でしょうか。

ダイエット中でも、朝食はしっかり食べる必要があります。
朝食を抜くと、次の食事で入ってきた脂肪を体が蓄えようとしてしまうからです。
朝食をきちんととる方が太らないと言えるようです。

太らない朝食としては、シリアルなどがおすすめの食べ物です。
食物繊維も豊富で、自炊は面倒という方も手軽に食べられます。
カットフルーツをかけたり、牛乳を低脂肪のものに変えることもダイエットには効果的ですよね。

雑炊やおかゆも、おすすめの朝食です。
野菜を入れると、栄養素も多くとれます。
朝は食欲がない、という方もこういった食べ物なら食べられるのではないでしょうか。

パン食の方は、ヨーグルトもつけてほしいところです。
タンパク質やカルシウムも豊富ですし、乳酸菌が腸内の善玉菌を増やす働きをしてくれますので、太らない朝食としては取り入れたい食べ物です。
プレーンタイプのものに、ノンカロリーの甘味料をかけるとカロリーも抑えることができます。

太らないと言われる食べ物はたくさんありますが、それだけに頼らず、生活習慣の見直しや運動なども同時に行うようにしたいですね。