太らない体質づくり

太らない体質づくり

太らない体質をつくるのは、ダイエットのリバウンド予防にもつながるとても重要なことです。

日本人は、欧米などの方に比べると、比較的痩せています。
それは、食文化の違いに理由があると言われています。

最近では、食の欧米化が進み、特に若年層では欧米の食文化に類似してきたようですが、昔の日本人が食べていた食事内容は、太らない体質をつくるためのポイントとなっているようです。

魚と野菜、海藻などが中心となる食事は、太らない体質をつくるために取り入れたい食事メニューとなっています。

20代半ばになると、体は太り始めの転換期を迎えると言われています。
自分は太らない体質だから、と10歳の頃と同じように暴飲暴食を繰り返していると、どんどん脂肪が蓄積されることになります。
これは、体脂肪の増加が食事と活動によるエネルギー消費に影響されやすくなる転換期を迎えるためです。
太らない体質と思っていた方も、体重は少しずつですが増加傾向をみせ、体の線が崩れ、ハリも失われていくことになります。

20代後半から30代の半ば頃は、筋肉の量も減り始め、基礎代謝も低下していきます。
食べても太らない、という体質から食べたものが脂肪になりやすくなる、という体質に変化していくことになります。
この時期に出産を経験する方も多く、出産後に体型の変化が見られるケースもあります。
この時期に、太らないための体質づくりを始めることは重要です。
この年代を過ぎると、ますます痩せにくい体質となるため、それを予防する意味でも食生活の見直しや、簡単なストレッチ、運動などを生活の中に取り入れてみましょう。

太らないための体質づくりとして、食生活の見直しは大切なことです。
食事メニューを書き出してみて、自分の普段の生活を客観的に見てみましょう。
そうすることで改善すべきポイントが見えてくると思います。

筋肉量も低下しているため、体脂肪がつきやすくなっています。
太らない体質づくりとして、筋トレやストレッチ、ジョギングなどの運動なども毎日の習慣として取り入れてみてください。

太らない体質になるためには、毎日の積み重ねが大切になります。
無理のない範囲で、続けるようにしたいですね。