太らないお菓子

太らないお菓子

ダイエット中の方でも、太らないよう食べ方に気をつければ、菓子を食べても大丈夫です。
太らない菓子の食べ方について調べてみました。

ダイエット中の方にとって、太らないために、間食は1日に必要なカロリーの10%以内が目安だそうです。
菓子を食べたい時は、このカロリー内に収まるよう計算してみてください。
また、太らないため、食べすぎないようにするポイントとして、菓子はパッケージから直接食べることはやめ、小皿に取り分けて食べるようにしましょう。

菓子を食べる時間ですが、一般におやつの時間と言われる15時から18時の間がいいようです。
この時間帯は、一日の中で最も体温が高くなる時間だそうです。
体温が高くなる時間は、カロリー消費が多く代謝が高い時間となるため、この時間帯に食べると太らない、太りにくいということになります。
また、この時間帯は最も空腹を感じる時間でもあります。
空腹時間を長く我慢していると、次の食事ではつい食べすぎることが多いようですので、少し菓子を食べて空腹を避けることも重要です。

間食に何を選ぶかということも、太らないためのポイントとなりますよね。
様々なメディアで活躍中のニューハーフ、椿姫彩菜さんなどがプロデュースした菓子、ガトー・デ・フェ、メレンゲハートショコラは、小麦粉と砂糖を一切使わないことで、1枚あたり約11kcalに抑えられています。
食物繊維も配合され、3種類あるフレーバーにはそれぞれ、コラーゲン、カルシウム、鉄分も配合されています。

ダイエット中の方にはおすすめの菓子ですよね。

太らないお菓子のレシピ本

太らない菓子のレシピ本として、注目されているのが、料理研究家の茨木くみ子さんが考案した、ノンオイルノンバターで作るパン&お菓子です。
バターや油、生クリームを使わなくてもできるおいしい菓子のレシピ集です。

著者の茨木さんは、研究を重ねてこの健康的で太らないレシピを考え付いたそうです。
菓子の他にも、太らないパンのレシピ本も発売されています。

ダイエット中だけど、甘いものも食べたい、という方は参考にしてみてはどうでしょうか。