太る理由

太る理由には何があるの?

現在ダイエット中で、思うように体重が減らないと悩んでいる方、自分がどうして太ったのか、太る理由について考えたことはあるでしょうか。
ダイエットを成功させるためにも、まず自分が太る理由を探り、現状を理解することから始めてみてはどうでしょうか。

まず太る理由として考えなければいけないのが、病気が原因となり太っている可能性です。
クッシング症候群、甲状腺機能低下症、太る症状が出る病気は他にもいろいろありますので注意が必要です。

太る理由として他に考えられるのは、肥満細胞の働きです。
3歳頃までにカロリーの多い食べ物を与え続けることで、肥満細胞の数が増え太りやすくなるというのです。
肥満細胞の数は幼児期までに決まってしまうそうで、これが増えてしまうと大人になっても太りやすい体質になすようです。

では、その他に太る理由としてどんなことがあるのでしょうか。

太る理由を見つけ出すためにしてほしいことは生活習慣の見直しです。
食生活について、生活サイクルについて、運動について、など改めて考えてみてください。
自分が太る理由を生活の見直しをすることにより、探しだすわけです。
食生活のチェックポイントとしては、どんな食事をいつ、どれだけの量とっているか、が大事だと思います。
1週間の食事メニューを細かく書き出してみてはどうでしょうか。
メニューの他、食べた量、食事をとった時間も書いてみるといいですよね。
外食した場合は外食、お惣菜を買った日は総菜、と記入しておきましょう。
食事時間が不規則になったり、外食やスーパーの出来合いのおかずですませることが多くはなっていませんか。

また、主婦は台所をあずかる特権としてついつい自分の好きなものばかりをメニューに多く取り入れがちですが、栄養面はちゃんと考えていますか?
1週間分自分の食べた物をまとめて目にすることによって、自分でも気が付かなかった食事の癖が分かると思います。

生活サイクルと運動については、自分の一日のだいたいのスケジュールを書き出してみてください。
昼間は家事、パート、食事、おやつ、他、運動をしているならそれも一緒に書きます。
これも、1週間分書いてみると自分の生活で改めなければならないことがよく分かりますよね。
食生活と生活サイクルをだいたい書き出してみたら、それを一緒にチェックしてみてください。
摂取したカロリーより、消費したカロリーの方が多くなっていますか?
摂取カロリーの方が多いようなら、それは立派な太る理由のひとつになります。

ダイエットを成功させるためには、自分の現在の食生活、生活習慣をよく知った上で、改めなければならないことを考える必要があります。