太る原因調査隊

基礎知識

「太る」ということの基礎知識的なことを調べて見ました。

基礎知識

太る原因

太る原因として考えられるもの、カロリーのとり過ぎ、アメリカ食文化の浸透、などを例にあげ原因を探った上でダイエットすることを推奨しました。脳から出るエネルギー補給の信号をうけ、健康的な間食をとることをすすめています。

太る原因

太る理由

太る理由について考えてみました。クッシング症候群や甲状腺機能低下症などの病気が原因の場合や、肥満細胞の働きが理由となることもあると説明。生活習慣の見直しがダイエット成功に必要だと記載しました。

理由

メカニズム

太るメカニズムとは、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、消費しきれなかったカロリーが脂肪として体内に蓄積されること。ダイエットをするにもまずこれを理解してから減量の計画をたてる方が効果的だと説明しました。

メカニズム

体質

太る体質の人は、食後にエネルギーを消費させる働きをする褐色脂肪細胞が少なく、体にカロリーを蓄える働きをする白色脂肪細胞が多い人であること。他にダイエットとリバウンドを繰り返している人も太りやすい体質になると説明しました。

体質

病気

急に太る病気には、副腎からコルチゾールというホルモンが過剰に分泌されるクッシング症候群や甲状腺機能低下症があります。他に更年期が原因の場合も。自分だけで判断せず、体調がおかしい場合には病院に行くことが大切だと記載しました。

病気

食品・食べ物

太る食べ物を知ることで太らないように、また、太ると言われているものって本当か否かを調べてみました。

食品・食べ物

食べ物

太る食べ物として、脂肪と糖質が同時に含まれるものの食品例を挙げました。ファーストフードなどのアメリカ食文化が代表で問題になっていること、日本食は逆に健康的な、痩せる食べ物として注目されていることも記載しました。

食べ物

チョコレート

チョコレートを食べると太ると思われがちですが、上手に食べばダイエットの補助食品ともなることを説明しました。とカカオポリフェノールが含まれた栄養バランス的にも優れた食品であることと、ポリフェノールの効能についても記載しました。

チョコレート

バナナ

バナナは太る食べ物と昔は思われていましたが、ドリームプレス社で森公美子さんが行った朝バナナダイエットで、食物繊維も豊富でコレステロール値も下げる効果もある、と見直されてきていると説明しました。バナナ酢の効果についても記載しています。

バナナ

パン

パンは米に比べ太ると言われています。1枚で満足できないし、バターやジャム、一緒に食べるおかずもご飯の場合よりカロリーが高くなりがちだからです。コンビニで買える菓子パンもカロリー過多となりやすいので注意が必要と説明しました。

パン

米を食べると太るというのは誤解で、米に含まれている難消化性デンプンの働きで、便秘や大腸ガン、糖尿病の予防にも有効だし肥満対策にも効果があると注目されていると説明しました。

ヨーグルト

ヨーグルトは太るどころか便秘解消、ダイエットにも効果的。豊富に含まれている乳酸菌には、善玉菌を増やし悪玉菌を抑える働きがあると説明。脂肪燃焼効果もあるカルシウムも豊富だと記載しました。

ヨーグルト

コラーゲン

コラーゲンは太るというのは間違いで、むしろ不足すると骨粗鬆症などの病気を引き起こす原因となることを説明。動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンがあり、ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的なことも記載しました。

コラーゲン

炭水化物

ダイエット中炭水化物は太るから、とさけている方は多いが実はそれ自体はカロリーも低く、体に取り入れることは健康維持のため絶対必要。ただ、炭水化物中心の食事にするなど過剰に摂取すると成人病などの原因にもなるので注意が必要と説明しました。

炭水化物

果糖

果物などに含まれる果糖はとると太ると思われています。脂肪細胞の主成分である中性脂肪になりやすいためです。ただ、摂取量にさえ気をつければすぐエネルギーに変ることができ、血糖値を下げる効果もあり美容や健康によい優秀な食品と説明しました。

果糖

塩のとり過ぎは太る原因と結びつきダイエット効果がでなくなります。塩分を過剰に摂取すると浸透圧に変化が見られ、その変化に対応するために体内の水分量を増やそうとする働きが起こり体重が増加すると説明。高血圧になる可能性もあると記載しました。

飲み物

太ると言われている(噂に過ぎない?)飲み物:お酒、ココアなどについて、その真偽を調べてみました。

飲み物

お酒は太ると思われてますが、アルコールのカロリーはエンプティカロリーといってすぐ熱として放出されるもので、おつまみに注意すればそれだけでは太らない。滋養強壮剤として知られる養命酒も、それだけで太るということはないと説明しました。

ココア

オリーブオイルのドレッシングはおいしさだけでなく、様々な効能が期待できます。ドレッシングとしては「エキストラ・バージン・オリーブオイル」が最適です。いろいろとレシピもあるので、手作りしてみてはいかがでしょう?

ココア

牛乳

牛乳はカロリーが高いし太る、と思われていますがそれは誤解です。栄養が豊富で、牛乳に含まれるカルシウムは脂肪を燃焼させる働きもあるというデータも出ていると説明しました。

牛乳

豆乳

豆乳を飲むことで、生活習慣病や太ることの予防になります。大豆ペプチドの脂肪燃焼効果や大豆サボニンの脂質、糖質の吸収を遅らせる効果で、ダイエットにもいいと説明。効果的な飲み方も記載しました。

豆乳

水にはカロリーがないので、飲んで太るということはありません。むしろ、健康維持や肥満予防のためにも水分摂取は大切なことです。水太りしたという方はむくみの症状が出ている場合がありますので、慢性化する前に解消することが大事だと説明しました。

薬・錠剤

薬・錠剤で「太る」といわれているものについて、その真偽や内容を調べてみました。

薬・錠剤

アモキサン

うつ病の薬として効果的に使用されているアモキサンですが、飲むと太るという話は本当なのか自分なりに調べてみました。離脱症状や、その他の副作用についても記載しています。

アモキサン

プロテイン

プロテインは運動せずに飲むと太るが、運動と組み合わせて筋肉を増やすとダイエットやそのリバウンドに効果的。大豆プロテインという体に優しい商品が人気。太りたい人用の商品も出ていることと、体重を増やすための効果的な摂取方法を説明しました。

プロテイン

ドグマチール

うつ病の薬ドグマチールは太るというのは誤解。元は胃潰瘍の薬のため胃の調子が良くなり過食気味になることも。副作用にはプロラクチンという乳汁分泌ホルモンの量が増え月経不順や乳汁分泌が起こったり、錐体外路症状が起きることもあります。

ドグマチール

パキシル

パキシルはうつ病の治療薬。脳内セロトニン神経にあるセロトニンの再度取り込みを阻害し脳内シナプス間隙にあるセロトニン濃度が高まり神経伝達能力を上げ気持ちを楽にする。副作用で太ることはなく勝手に止めてしまうと離脱症状が出て危険です。

パキシル

ホルモン剤

ホルモン剤は太ると思われていますが、それは誤解です。低用量ピルは有名ですが太るという副作用はありません。喘息治療時に投薬する副腎皮質ホルモン剤はムーンフェイスという顔が膨れる副作用があるので太った印象を受けることはあります。

ホルモン剤

ピル

ピルを飲むと太るというのは誤解で、最近では避妊薬としてだけでなく月経前症候群などの治療にも使われているのが知られています。副作用には、重篤なものに血栓症があり、それを防ぐため服用時には禁煙する必要があることも記載しました。

ピル

行為・状態

一般に太ると言われている行為や状態、部分などについて詳しく調査してみました。

行為・状態

禁煙

禁煙すると太るのは何故か、調べてみました。ストレスを減らし体重をコントロールして太らないよう心がけたいと記載しました。喫煙するとビタミンCが失われ、美肌が損なわれることについても書いています。

禁煙

生理

生理中、生理前は太ると思う人が多いですが、それは黄体ホルモンが分泌されるせいで水分や脂肪がため込まれやすくなるため。終わると改善するということを説明。月経前症候群(PMS)の症状について記載しストレスをためずに生活するよう書きました。

生理

ストレス

ストレスは太る原因のひとつで、自律神経の乱れは肥満と大きなかかわりがあることを説明。生活習慣病など体の病気も引き起こすこともあり、無理なダイエットもストレスの原因なので注意が必要と記載しました。

ストレス

食べすぎ

食べすぎだけが太る原因となるのではなく、脂肪細胞の数が人より多い太りやすい体質の人がいること、ラットの実験で肥満の原因のひとつに遺伝性のものがあることなどを説明。他に食べすぎにより、体重が増加するのはどんな場合があるのか具体例を記載しました。

食べすぎ

夜食

夜食をとると太るのには理由があり、自律神経である交感神経が活発な昼より、副交感神経が活発な夜に食事をとる方が体に蓄積されやすいからだと説明。体に優しい夜食メニューも記載しました。

夜食

急に太る

急に太る原因として考えられるのは、禁煙やストレスの他、病気の場合もあります。甲状腺機能低下症や、コルゾチールというホルモンが過剰になることで色々な症状が出るクッシング症候群の可能性も。更年期に肥満症状が出る人もいるとも説明しました。

急に太る

顔が太る原因のひとつにむくみがあり、慢性化する前に解消することが大事です。他の原因としてたるみがあり、表情筋エクササイズなどがたるみ予防に効果的。ストレスを溜めないことも大事だと説明しました。

太らない!

太らない食べ物や食べ方、お菓子や米、酒、パンといったものを詳しく調べてみました。

太らない!

食べ物

太らない食べ物として、αリノレン酸を含み脂肪を燃焼させるえごまオイルなどを紹介。他に朝食におすすめの食品として、食物繊維を多く含むシリアルや、乳酸菌の働きで腸内の善玉菌を増やしてくれるヨーグルトなどをおすすめしました。

食べ物

食べ方

ダイエット成功のための太らない食べ方を記載。食事を抜くと栄養素がエネルギーとして消費されず脂肪になりやすいなど具体的に説明しました。ダイエット中のお菓子、間食のとり方も説明しています。

食べ方

体質

太らない体質づくりはダイエットのリバウンドにも効果的です。加齢とともに脂肪がつきやすい体になり、基礎代謝も低下し、筋肉量も減少します。食生活の改善や運動を習慣づけるようおすすめしました。

体質

お菓子

太らない菓子の食べ方を説明しました。他に椿姫彩菜さんプロデュースの食物繊維やコラーゲン、カルシウムが配合されたメレンゲハートショコラ、茨木くみ子さんのレシピ本なども紹介しています。

お菓子

炭水化物である米や雑穀米は太らない、ダイエットにも効果的な食品だということを説明しています。日本人に多い倹約遺伝子についての説明や、おすすめのやずやの商品などについても記載しました。

太らない酒として、ポリフェノールが含まれる赤ワイン、カリウムが含まれる白ワインなどを紹介しました。太らないための酒の飲み方についても具体的に記載してあります。

パン

太らないパンとして、天然酵母パンなどを紹介。ファミリーマート、伊藤忠商事、サークルKサンクスなどのコンビニによる合同プロジェクトの低カロリーパンも紹介しました。

パン

ドーナツ

太らないドーナツの食べ方としてクエン酸が含まれエネルギー代謝を活発にし、ダイエット効果があるグレープジュースといっしょにとることをすすめました。ヘルシーレシピとして注目の焼きドーナツが作れるCloer(クロア)の家電も紹介しています。

ドーナツ