果糖は太る?

果糖は太るもと?

果糖は果物に多く含まれる糖です。
果物には果糖がたくさん入っているので食べると太る、と思っている方は多いと思います。

果糖をとると太ると思われている原因はなんでしょうか。

果物に含まれている果糖は脂肪細胞の主成分である中性脂肪になりやすい物質といわれています。
果糖をとると太る、と多くの方が思っているのはそのせいもあるかもしれません。
ただ、果物はビタミンや食物繊維も豊富な優秀な食品です。
果物を正しく食べると、血糖値を下げる効果もあるそうです。
確かに太る要素はあるかもしれませんが、あくまでも摂取しすぎると、ということです。
太るから、と敬遠してとらないのはもったいない食べ物ですよ。

果糖は、消化吸収がよく、すぐにエネルギーに変えることができるため、スポーツの前や肉体疲労時にとると、体の回復を早める働きがあります。
果物の果糖は、豊富な繊維のおかげで、ゆっくり血液に吸収され血糖値が急激に上がることがないそうです。
毒素を排出する働きもあるとのことですから、ダイエットにも効果がありそうです。
果物をたくさん食べると果糖のとりすぎで太る原因となるというのは、誤解のようですよね。

果糖を多く含む食品には、ぶどう、バナナ、なし、スイカ、りんごなどがあります。
疲れやすい方、仕事が重労働の方、激しい運動をする方などは積極的に摂取してほしいですよね。
ダイエット中の方などは、朝食時に食べるとエネルギーとして消費されやすいのでおすすめです。
いろいろな種類の果物をミキサーにかけて、ジュースとしてとるのもいいですよね。

逆に夜食べると脂肪として蓄えられやすくなり、太る原因になりやすいので控えめにしてください。
ただ、果物は太るから夜のデザートはケーキにしよう、というのは間違いです!
デザートとして食べる場合は脂肪と砂糖たっぷりのケーキより果物の方が美容にも健康にもよく、だんぜんおすすめです。
果糖たっぷりの果物は、摂取量に注意して健康的に食べることを心がけてください。