チョコレートは太る?

チョコレートを食べると太る?

口の中でとろける甘いチョコレートはとても魅惑的な食べものですよね。
でも、チョコレートを食べると太るから、控えている。という方も多いと思います。
本当にチョコレートは太る食べ物なのでしょうか。

チョコレートイコール太る、と連想する方は多いと思いますが、どんな食べ物でもとり過ぎると体重が増加するのは当たり前ですよね。
摂取したエネルギーが消費したエネルギーを上回っている場合は、消費されなかった脂肪が蓄積されていくわけですから肥満になるのは当然です。
チョコレートが特別に太る食べ物、というわけでなく、何の食品をどれだけ食べるか、ということが大事だと思います。

チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれていますが、ポリフェノールには色々な効能が確認されていますので、効果的に食べれば太るどころかダイエット中の補助食品として活躍してくれると思います。

がんや動脈硬化など、色々な病気を引き起こす原因となっているといわれる活性酵素。
カカオポリフェノールにはこの活性酵素から体を守るという効能があります。ラットの実験で、ストレスにも効果があることが確認されているようです。
チョコレートの独特の香りが集中力や注意力など、精神活動を高めるそうです。
アレルギーやリウマチにも効果的だともいわれています。虫歯の進行を抑える働きもあるそうです。

チョコレートは太るから、と敬遠している方に注目してほしいのは、その栄養素です。
チョコレートには、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類が豊富に含まれています。
とても栄養バランスのとれた食品といえますよね。
ダイエット中にどうしても我慢できなくなった時、少量を口の中に放り込んでみては。口の中に広がる香りと甘い味覚を感じ、少量でも満足できる優秀な間食だと思います。

チョコレートに含まれる糖質類は吸収が早いのが特徴です。体内ですぐにエネルギーに変換されますよ。

健康にも良くダイエットの助けにもなりそうなチョコレート。
食べると太る、という誤解も解けたのではないでしょうか。