太る食品・食べ物

太ると言われている食品・食べ物

太る、または太ると言われている食品・食べ物み物について色々調べてみました。

食べ物

太る食べ物として、脂肪と糖質が同時に含まれるものの食品例を挙げました。ファーストフードなどのアメリカ食文化が太る食べ物の代表で問題になっていること、日本食は逆に健康的な、痩せる食べ物として注目されていることも記載しました。

食べ物

チョコレート

チョコレートを食べると太ると思われがちですが、上手に食べばダイエットの補助食品ともなることを説明しました。とカカオポリフェノールが含まれた栄養バランス的にも優れた食品であることと、ポリフェノールの効能についても記載しました。

チョコレート

バナナ

バナナは太る食べ物と昔は思われていましたが、ドリームプレス社で森公美子さんが行った朝バナナダイエットで、食物繊維も豊富でコレステロール値も下げる効果もある、と見直されてきていると説明しました。バナナ酢の効果についても記載しています。

バナナ

パン

パンは米に比べ太ると言われています。1枚で満足できないし、バターやジャム、一緒に食べるおかずもご飯の場合よりカロリーが高くなりがちだからです。コンビニで買える菓子パンもカロリー過多となりやすいので注意が必要と説明しました。

パン

米を食べると太るというのは誤解で、米に含まれている難消化性デンプンの働きで、便秘や大腸ガン、糖尿病の予防にも有効だし肥満対策にも効果があると注目されていると説明しました。

ヨーグルト

ヨーグルトは太るどころか便秘解消、ダイエットにも効果的。豊富に含まれている乳酸菌には、善玉菌を増やし悪玉菌を抑える働きがあると説明。脂肪燃焼効果もあるカルシウムも豊富だと記載しました。

ヨーグルト

コラーゲン

コラーゲンは太るというのは間違いで、むしろ不足すると骨粗鬆症などの病気を引き起こす原因となることを説明。動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンがあり、ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的なことも記載しました。

コラーゲン

炭水化物

ダイエット中炭水化物は太るから、とさけている方は多いが実はそれ自体はカロリーも低く、体に取り入れることは健康維持のため絶対必要。ただ、炭水化物中心の食事にするなど過剰に摂取すると成人病などの原因にもなるので注意が必要と説明しました。

炭水化物

果糖

果物などに含まれる果糖はとると太ると思われています。脂肪細胞の主成分である中性脂肪になりやすいためです。ただ、摂取量にさえ気をつければすぐエネルギーに変ることができ、血糖値を下げる効果もあり美容や健康によい優秀な食品と説明しました。

果糖

塩のとり過ぎは太る原因と結びつきダイエット効果がでなくなります。塩分を過剰に摂取すると浸透圧に変化が見られ、その変化に対応するために体内の水分量を増やそうとする働きが起こり体重が増加すると説明。高血圧になる可能性もあると記載しました。