パキシルは太る?

パキシルは飲むと太る薬なの?

パキシルは、主にうつ病やパニック障害に処方される、気持ちを楽にして気分を落ち着ける薬です。
脅迫神経症、月経前不快気分障害、摂食障害にも用いられています。
薬が脳に運び込まれると、脳内セロトニン神経に存在するセロトニンンの再取り込みを阻害することにより、脳内シナプス間隙に存在するセロトニン濃度が高まり、神経伝達能力が上がって、その結果気分が落ち着いて楽になります。

うつ病患者の方には比較的多く処方されている薬の一つですよね。
パキシルを処方されてから、太る。副作用に体重増加があるの?といった噂を耳にすることがあります。
本当にパキシルを飲むと太るのでしょうか。

パキシルの副作用としては、最も多いのは吐き気、眠気です。
他には、めまいや立ちくらみ、便秘などが知られていますが薬に慣れてくると副作用の症状は少しずつなくなるそうです。
パキシルに太る、体重が増加といった副作用は見られません。
処方されている方の中には、薬を飲み始めてから気分が落ち着き、食欲が出てきたので食べすぎて太った、という人もいるようです。
こんなところから、パキシルは太るという噂が広まったのかもしれませんよね。

また、服用者の中には太るといった人ばかりでなく、体重が減ったという方もいますので、パキシルを飲むと太るとは一概に言えません。
パキシルを飲み始めてから太る、という方は薬の他に思い当たる原因となるものがないか、自分の生活習慣を見直してみてはどうでしょうか。
パキシルを飲むと太る、と、自分だけの判断で薬を中断するのは危険です。

薬を飲むのを中断する時には注意が必要です。
突然止めてしますと、急激に薬の血中濃度が下がって反動で離脱症状が出るからです。
離脱症状には、めまいやふらつき、吐き気、嘔吐、頭痛、疲労感、不眠などがあります。
こういった離脱症状は薬を飲むのを再開することで改善されるそうです。
一度飲み始めたら、毎日欠かさず飲み続けることが大事です。
止める場合には医師と相談の上、徐々に薬の量を減らしていく必要がありますので、一度病院に行くことです。

パキシルは太るから、と勝手に薬を止めてしまうと、せっかく取り戻しかけた体と心の健康バランスが崩れてしますことがありますので、注意してくださいね。