水は太る?

水を飲んで太ることってあるの?

私は水を飲んでも太る体質なの、と言う人がいますが、水を飲んで太る方は本当にいるのでしょうか。
確かに水太り、という言葉はありますが、水じたいにカロリーはありませんので水を飲んで太る、というのは間違いだと言えます。

人間の体には体内の水分量をコントロールする働きがありますので、水をとり過ぎても余分な水分は汗や尿となって排出することができます。
水分をたくさんとると一時的に体重は増加するかもしれませんが、すぐに元に戻るはずです。
なぜなら、太る、ということは体内の水分量が増えることでなく、皮下脂肪の量が増えることですから。

水は、私たちにとってとても大切な成分で、健康維持のためにも、肥満予防のためにもむしろ積極的にとりいれる必要のあるものです。
太るから、と水分を控えてダイエットするのは危険です。水分が少なくなると代謝が低下して、むしろ太る原因となってしまいます。
体内の水分が不足すると、脱水症状を避けるため汗や尿の排出を抑えてしまうことになり、老廃物の排泄が進まず、新陳代謝が低下して脂肪が燃焼しないというじたいになるからです。
水分をとらず運動すると、血液が濃くなって血流が悪くなり心臓に負担がかかります。そのことによって、めまいが起こったり、疲労感が高まったりするということです。
適度な水分をとりながら運動する方が、太る予防として効果的だと言えますよね。

また、水を飲むことで便秘予防にもなるそうです。

水が直接の太る原因にならないのは理解できたと思いますが、では水を飲んでも太る、という方はどうしてでしょうか。
水太りした、という方はむくみの症状が出ている場合があります。塩分をとり過ぎていることはないでしょうか。
他に、一日同じ体勢で仕事をする方、ひどい運動不足のかたなどにむくみのむくみの症状が出るようです。
これが慢性化すると、症状が改善されにくい、痩せにくい、といった体になってしまいますので注意が必要です。
そうなると、むくみは太る理由の一つとして考えられますよね。
むくみが慢性化する前に、解消するよう努力してください。

塩分を控えた食事メニューを考え、むくみの症状を和らげる作用があるお酢や、バナナ、メロンなどをとってみてください。
もちろん、適度な水分も必要ですので、忘れずにとってくださいね。