生理のときは太る?

生理がくると太るの?

生理前や生理中に太る、という話はよく聞きますが本当でしょうか。

確かに生理前は体重が増えます。が、これは、生理前に多く分泌される黄体ホルモンが水分をためこむ性質があるためと言われています。
いわゆる、むくみの症状です。

黄体ホルモンが分泌されると、大腸の運動が低下して便秘になりがちになり、体温が上昇して食欲が増します。
これは、体が妊娠に備えて栄養を蓄えようとするためだそうです。
また脂肪の代謝を遅らせ脂肪を貯め込みやすくするのも、黄体ホルモンの影響のようです。

やっぱり、生理の時は太るんだ、と思われそうですが、この時期に増えた体重のほとんどは水分です。
水分の増加量は2000mlにもなるそうですよ。

それに、生理前から生理中は骨盤が開き気味になるようで、人によってはそのせいで下腹が出て、生理中は太るんだ、と感じる方もいるみたいです。

でも、生理前、生理中の体重増加は、生理が終わることにより改善されるわけです。
ダイエットに励んでいる方は、生理になると太る!と恐れているようですが、生理中は太る、と考えるのではなく、生理が終わると元に戻る、と気楽に構えている方がいいですよね。

あまり考え込むとストレスの原因になりますよ。
ただ、ダイエットを生理前に始めるのは、あまりおすすめできません。
むくみのせいで体重が増えるのでやる気が出ないでしょうし、ホルモンの関係で気持もイライラしたりしますもんね。
生理が終わってむくみが取れすっきりした時期に始める方がいいですよ。

ほとんどの方に生理前2週間頃から、ちょっとした体調の変化があるかと思いますが、その変化が特にひどい方、日常生活に差しさわりが出るほどの症状の方を月経前症候群(PMS)と呼んでいます。
心と体のトラブルの総称になります。

月経前症候群の症状は個人差が激しく、人により様々なのですが、主な心の症状としてはイライラする。
憂鬱になる。眠れない。根気がなくなる。物忘れがひどい。孤独感を感じる。訳もなく泣きたくなる。人との付き合いが億劫になる。などがあります。
体の症状としては、肩や首がこる。吐き気がする。下腹部痛が起こる。肌が荒れる。息苦しさがある。腰の痛み。顔が火照る。耳鳴りがする。動悸がする。などです。

こんな症状が複数、それもひどく出る方は、リラックスできる環境を整え、食事のバランスにも気を配って規則正しい生活を心がけてくださいね。