顔が太る

顔が太るのはどうして?

顔が太る原因には何があるでしょう。

体は痩せているのに、顔がやけに大きかったり、頬がぽっちゃりしていたり、という方がいますよね。
顔が大きく見えると、体もぽっちゃり体系に思われがちです。
顔が太る人は損をしてますよね。

顔が太る、大きく見える原因はというと、むくみがまず一番多いのではないでしょうか。
体内の水分バランスが崩れると、むくみとして症状に現れます。
朝起きた時、むくんでいる!という方はいると思いますが、むくみの症状は、慢性化してしまうと改善するのが大変です。
顔が太るどころか、全身にむくみが出てしまうかもしれません。

顔が太る、という方は最近の食生活、生活習慣を見直してみてください。
塩分の多い食事をとり過ぎていませんか。
極度の運動不足になっていませんか。
どちらも、むくみの原因となりますよ。

改善するためにはまず、栄養バランスの良い食事をとること。
ファーストフードなどは避け、ご飯、焼き魚、煮物など、一般的な日本食を多くとるように心がけましょう。

足湯や半身浴も、むくみには効果的だそうです。
適度な運動も忘れないようにして下さい。

他に太る原因として、たるみがあります。
年齢とともに皮膚のたるみが出てくるのは避けられないことですが、人によりたるみの頻度は様々です。
同じ年齢でも、顔が太るという悩みには無縁の方もいますよね。
頬や顎にたるみが出ると、顔が大きく見えます。
体が太ることにより、たるみが出る方もいるそうです。
太ると皮下脂肪の重みに筋肉や皮膚が耐えられなくなるからみたいですよ。

逆に、太っている方が急激に体重を落とした場合にも、皮膚があまってしまって顔がたるみ、体重は減ったけれども顔が太る、という状態になることも。
たるみによる顔太りには、表情筋エクササイズやリンパマッサージが効果的のようです。

また、顔が太る原因のひとつとして、ストレスも大きく関わっているようなので、解消のためには毎日の生活でストレスを溜めないことも大切です。